会社概要

事業紹介

未来を開く技術集団、世界のブランドへ進化を続けるSHODA。

庄田鉄工は1926年に創業以来、独自の発想と数多くの特許技術により、NCルータをはじめとする産業機械の生産を通じて、日本はもとより世界の産業界の発展に寄与してきました。
本社のエントランスロビーには、1968年に世界で初めて庄田が発明した、NCルータの第1号機が展示されています。この機械が世界の生産システムに革命を起こしました。
現在ではNCルータをはじめとする庄田の産業機械は、航空機、人工衛星、鉄道車輛などの軽合金や炭素繊維強化プラスチック加工、液晶テレビ、ガラス、プラスチック加工、自動車、船舶などのモデル加工など、幅広い産業分野で利用されています。

  • 本社全景

  • 本社エントランス

  • 本社工場

  • 本社工場

また2000年には、中国市場を見据え、コスト競争力を高めるため、海外生産拠点として中国・上海に工場を建設。この上海工場では、主に中国国内向け、東南アジア向け、日本向けのNCルータの生産を行っています。

  • 上海工場外観

  • 上海工場内部

  • 上海工場内部

設計開発部門

三次元CADを利用し、精度、スピード、設置スペース、コストを検討して、お客様にベストなご提案をしています。

品質保証部門

製作された機械部品は、三次元測定機にて精度検査を実施し、品質管理を徹底しています。完成機は高精度レーザー測定器にて位置決め精度、繰り返し精度などの静的精度検査が行われ、真円度測定などの動的精度検査が実施されます。さらに実際の加工テストが繰り返し行われます。

製造部門

クリーンな工場で、お客様目線で1台1台丹念に組立作業を行います。
当社は、自社でスピンドルを製造する技術力を有し、機械だけでなく、刃物、CAD/CAMなどのソフトをトータルでお客様にご提案いたします。

SHODAの航空機加工用機械は、世界中の大手の航空機メーカーに納入され、その実力は世界に認められました。
これからも、世界中のお客様に満足いただける産業機械づくりに挑戦し続け、お客様が安心してお使いいただけるよう、アフターサービスの充実に努めてまいります。

  • 主軸製造

  • レーザー測定器

  • 三次元測定機

▲このページの先頭へ

会社概要