SHODA

お問い合わせ カタログ請求
事業内容

未来を開く技術集団、
世界のブランドへ進化を
続けるSHODA。

SHODA株式会社は1926年に創業以来、独創的な技術力による数多くの特許製品などの開発、特にNCルータの生産を通して、日本はもとより世界の産業界の発展に寄与して参りました。
本社のエントランスロビーには、1968年に日本で初めてSHODAが開発した、NCルータの第1号機が展示されています。この機械が世界の生産システムに革命を起しました。
その後SHODAはNCルータ専門メーカーとなる経営決断をしました。そしてNCルータに特化し、経営資源を集中することにより、画期的な世界最高水準の新製品を継続的に開発することが出来るようになりました。
これをきっかけにして世界的にもSHODAのNCルータは高く評価され、SHODAブランドとして米国、ヨーロッパ、アジアをはじめとした海外でも広く使用していただくようになりました。

本社全景
本社全景
本社エントランス
本社エントランス
NCルータ1号機
NCルータ1号機
本社工場
本社工場

また2000年には、中国市場を見据え、コスト競争力を高めるため、海外生産拠点として上海に工場を建設。この上海工場では、主に中国国内向け、東南アジア向け、日本向けのNCルータの生産を行っています。

上海工場外観
上海工場外観
上海工場内部
上海工場内部
上海工場内部
上海工場内部

設計開発部門

三次元CADを利用し、精度、スピード、設置スペース、コストを検討して、お客様にベストなご提案をしています。

品質保証部門

製作された機械部品は、三次元測定機にて精度検査を実施し、品質管理を徹底しています。完成機は高精度レーザー測定器にて位置決め精度、繰り返し精度などの静的精度検査が行われ、真円度測定などの動的精度検査が実施されます。さらに実際の加工テストが繰り返し行われます。

製造部門

組立に特化した大変クリーンな工場です。お客様目線で1台1台丹念に組立作業を行います。
またSHODAは自社でNCルータの心臓部である主軸(ヘッド)を開発製造出来る、数少ないNCルータ・メーカーです。そのため、より付加価値の高いNCルータをご提案することが出来ます。

本社工場
本社工場
レーザー測定器
レーザー測定器
三次元測定機
三次元測定機